つちもち学級 小旅行記 ~豊川稲荷に行った~

豊川稲荷に行った

 Shigeがスズキのバンを買った。そのバンで何処かに1泊2日で連れて行く、行きたいとこは何処か? と話してきた。
 豊川稲荷と名古屋城に行きたい! と、伝えて約1ケ月間、Shigeは、豊川稲荷と名古屋城を目標に置いて、スケジュールを考えたようだ。当日、我が家を6時に出発した。何処に連れて行ってくれるのか楽しみだ。
 どのルートで、何処に行ったのかは、走行マップを参照してください。

走行マップ

 移動軌跡をGPSで記録した。「ここ」をクリックすると地図が表示されます。表示された画面の右にある写真をクリックすると、地図上に表示されます。ご覧ください。

豊川稲荷

 9時ごろ豊川稲荷に到着した。豐川稲荷は、正式名を「宗教法人 豐川閣妙嚴寺」と称し、山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。
 一般的に「稲荷」と呼ばれる場合は「狐を祀った神社」を想像される方が多数であると思われますが、当寺でお祀りしておりますのは鎮守・(とよかわだきにしんてん)です。が稲穂を荷い、白い狐に跨っておられることからいつしか「豐川稲荷」が通称として広まり、現在に至っております。(豊川稲荷のホームページ から)
 また、豊川稲荷の境内は広い。時間に余裕をもって散策されるといい。

豊川稲荷の境内

 境内の案内は、豊川稲荷のホームページの「山内のご案内」を参照されるといい。境内での散策をご覧ください。
●総門
総門の前で
総門の説明

●本堂

2番目の鳥居から本堂を眺める

●霊狐塚

 これは見事! 信者の献納された像で一杯です

名古屋城

 豊川稲荷を9時55分頃に出発して、名古屋城に11時20分頃に到着した。名古屋城観覧料は、大人500円。地上7階もあり、展示物も沢山あるので、十分時間を持った方がいい。

●名古屋城の生い立ち

 関ケ原の戦いに勝利した徳川家康は、慶長14年(1609)豊臣方への備えとして名古屋城の築城と、清須から新城下への街まるごとの引越しを決定。この新たに造られた碁盤割の街が現在の名古屋の原型となり、町や橋の名前も受け継がれています。
 慶長15年(1610)名古屋城築城にあたって徳川家康は、加藤清正・福島正則ら西国大名20家に普請(土木工事)を命じました。 これを天下普請といいます。天守や櫓の作業(建築工事)は小堀遠州・中井正清らに命じられ、 慶長17年(1612)にほぼ完成しました。尾張初代藩主として家康九男の義直が入り、以降名古屋城は御三家筆頭尾張徳川家の居城として栄えました(名古屋城 名古屋市のパンフレット から)。
名古屋城 

●金のシャチ

 鯱は空想の生き物で、水を呼ぶと言われていることから火除けのまじないとされてきました。 名古屋城の創建時の金鯱は、徳川家の権力・財力を誇るもので、貼られた金の量は慶長大判で 1940枚と言われています(名古屋城 名古屋市のパンフレット から)。
金のシャチ

●篠島の矢穴石

 篠島の矢穴石の説明
篠島の矢穴石

●加藤清正像

加藤清正像と遥か向こうに名古屋城

 名古屋城を散策後、Shigeが前以て探していた「あんかけ」の店に行ったが、生憎の休店日。 その店の近くに「あんかけ堂」があったので、そこで昼飯にした。
あんかけ堂のトンカツパスタ
 
 名古屋城からあんかけ堂に行く途中で面白い模様の蓋を見つけました。 何の模様でしょうか?
歩道のマンホールの蓋、何の模様?

 名古屋城の近くに止めた駐車場を13時頃出発した。

香嵐渓

 愛知県豊田市足助町にある香嵐渓(こらんけい)に到着したのは14時10分頃だった。足助の代名詞『香嵐渓』。秋の紅葉はもちろんのこと、香嵐渓は、四季を通してさまざまな表情を見せてくれます。春の到来を告げるカタクリの花。新録が眩しい初夏、夏はもみじの録陰に涼を求め、巴川では子供たちの水遊びに歓声がこだまします。秋は絢爛豪華な紅葉に衣替がえ。華やかな色が、川面までも染めつくし、まるで錦絵のような美しさを見せています(足助観光協会パンフレット から)。 
 巴川:水が澄んでる!

●香積寺(こじゃくじ)

  杉木立と、もみじに覆われた香積寺は、名を飯盛山(はんせいざん)と号す曹洞宗の古刹です。香嵐渓のもみじは、香積寺11世の三栄和尚が、寛永11年(1634)に植えたのがはじまりといわれています(足助観光協会パンフレット から)。
香積寺(こじゃくじ)

●飯盛山(はんせいざん)

 香積寺から 254m の飯盛山に登った。頂上には展望台がり記念碑に、次のことが刻まれている。
 「この展望台は、1987年5月に来日したオペレション・ローリーの日本フェイズ・本州コース班の奉仕によって作られたものである 1987年5月15日 足助町」
展望台から足助町を見下ろして下山する。
頂上にある休憩所 記念碑
展望台から望む足助町!

●カタクリの花群落

 春まだ浅い3月の中旬、香嵐渓の飯盛山北西斜面一帯に咲き乱れます。ピンク色の花が太陽の光を浴びて、 まだ冷たい風に揺れるさまは、可憐な少女のように見えます(足助観光協会パンフレット から)。
カタクリの花は、まだつぼみだった!

 一日の予定はこれで終わり。15時43分頃駐車場を出発し、今日の宿に向かう。足助町から新城町に入るとお酒の大きな一升瓶が目に入る。酒の名前は「空」だ。どんな酒か気になる。今夜の晩酌に買ってみようと酒屋で聞くと「まぼろしの酒」だそうだ。店では置くことができないような酒らしい。置いてあるのは空き瓶の「空」ばかりだ。しかたなく、地酒の「範公」を買った。
         このページのトップ へ
          湯谷温泉 はづ別館 へ
(旅行日 2017.3.18-19)